就職世代の東京圏への流入が加速

2018年の東京圏での20~24歳の転入超過数は約75000人と4年で2割多くなった。景気回復で新卒採用が売り手市場となり雇用条件の良い首都圏での就職を望む大学生らが増えているためだ。首都圏企業が地方で人材獲得を競い合っている。首都圏での就職を望む学生は今後も増える見通し。首都圏企業も地方学生の獲得に引き続き力を入れていくとみられ、東京圏への若年層流入は当面続きそうだ。(2019.5.14 日経)