首都圏、ホテル予約困難

2020年の東京五輪・パラリンピック期間中、東京都心だけでなく、首都圏広域で予約できないホテルが相次いでいる。ただ、ホテルの建設ラッシュで客室は増える見通しだ。自治体もホテル利用できる大型客船を用意し、客室不足への対応に動いている。《#首都圏のホテル不足  みずほ総研が2018年に発表した試算では、東京五輪が開催される20年8月には東京都内で最大1万3000室の宿泊施設不足が懸念されている。大会組織委員会も観戦客も競技場周辺のホテルを狙い、予約争いが過熱している。みずほ総研は五輪を避けた外国人の宿泊需要が後ずれして、20年11~12月にも都内の客室が不足すると試算している。ただ、大会後は宿泊者数が一気に減少し、ホテルの供給過剰を懸念する声もある。》(2019.11.16 日経)