老後「働いて生活」48%  今年最高更新、年金不安映す

金融広報中央委員会(事務局・日銀)は18日、2019年の「家計の金融行動に関する世論調査」を公表した。老後の生活資金を「就業による収入」で稼ぐと答えた世帯は48.2%にのぼり、現在の調査方式となった07年以降で最高となった。年金だけに頼ることの不安や、高齢者の働く意欲の向上が背景にあるようだ。第一生命経済研究所の藤代宏一氏は「社会通念が変化し、働き手、雇い手ともに高齢者が働くことは当然だと考えてる。19年は老後2000万問題もあり、将来不安が高まったのも影響したのではないか」という。(2019.11.19 日経)