分譲時より高値 原宿周辺が首位

首都圏にある築10年程度の中古マンションで2019年の再販売価値が最も上がったエリアはJR山手線「原宿」駅周辺だったことが、東京カンテイの調査でわかった。物件を売る際に新築分譲時から価格がどれくらい上下したかを示す再販売価値は原宿が72.7%上昇し、2年連続で首位だった。再販売価値を算出できた首都圏の515駅のうち、発売時の価格を上回ったのは157駅。全体に占める割合は3割に達し、18年の2割から増えた。(2020.7.4 日本経済新聞)