日本の不動産に8000億円 コロナでも市場堅調

香港の大手投資ファンド、PAGは今後4年程度で日本の不動産に最大8400億円を投じる。新型コロナウイルス禍で企業の不動産売却や金融機関の不良債権処理が増え購入機会が増えるとみる。米欧に比べ新型コロナの不動産市場への打撃が限られ、相対的に高いリターンが見込めるとみる海外勢が多い。世界の不動産取引が停滞する中、日本では海外勢による不動産投資が引き続き活発だ。不動産サービス大手JLLによると2020年1~6月の不動産取引額で東京は世界トップだった。(2020.9.18 日経)