ステージグランデ多摩川 STAGE FIRST SETAGAYA ASYLCOURT

資料請求はコチラ
お問い合わせはこちら

立地 LOCATION

World Famous City-世界が憧れるTOKYOのレジデンス。-

ワールドワイドなカルチャーの街、AKIHABARA。

電気の街としてだけでなく、アニメ関連をはじめとする特徴的な文化の発信地として国内外の多様な人々が集まる秋葉原──
この、世界が憧れる魅力を備えた街を日常のライフエリアにできる暮らし、それを叶えるアーバンレジデンスが誕生します。

東京

都市生活の様々なニーズに応える、都心・秋葉原に暮らす

ステージグランデ秋葉原は、JR山手線「秋葉原」駅を身近に捉え、都心を拠点としながら東京を自在に使いこなせる住まい。
通勤・通学・ショッピング・アミューズメントなど、多様なニーズを満たしてくれるハイパフォーマンスな都市生活拠点です。

  • 渋谷駅前
    不忍池(上野恩賜公園)
  • 渋谷駅前
    東京スカイツリー
  • 渋谷駅前
    秋葉原
  • 渋谷駅前
    日本橋三越
  • 渋谷駅前
    東京駅
  • 渋谷駅前
    浅草寺

いまなお進化を続ける、東京都心の開発計画。

東京周辺map
  • 国際化の拠点として発展するアジアヘッドクォーター特区
    アジア地域において、外国企業誘致プロジェクトを進める国際戦略総合特別区域のひとつとして、平成23年に国の指定を受けた、東京中心部の「東京都心・臨海地域、新宿駅周辺地域、渋谷駅周辺地域、品川・田町駅周辺地域、羽田空港跡地、池袋駅周辺地域」がアジアヘッドクォーター特区です。
    特区内に進出する外国企業に対し、税制優遇をはじめ、規制緩和や財政・金融支援のメニューを用意。
    また外国企業の従業員とその家族が安心して生活できるよう支援も行っています。
    さらに災害に強い高機能オフィスの提供、ビジネス環境・生活環境の整備も進められるなど、総合的な発展が追求されているエリアです。
    ※出典元:東京都政策企画局アジアヘッドクォーター特区ホームページ

都心東部・臨海地域では現在も多数の開発計画が進行中

  • 1神田練塀町地区再開発(2019年6月竣工予定)
    ※東京都市整備局ホームページ「神田練塀町地区第一種市街地再開発事業」
  • 2大手町土地区画整理事業施行地区
    ※都市再生機構刊行パンフレット[大手町連鎖型都市再生プロジェクト]
  • 3大手町二丁目地区再開発(2018年7月竣工予定)※都市再生機構・NTT都市開発ニュースリリース2015年5月11日[大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事着工のお知らせ]
  • 4常盤橋街区再開発プロジェクト(全体竣工2027年度予定)
    ※三菱地所ニュースリリース2015年8月31日[「常盤橋街区再開発プロジェクト」計画概要について]
  • 5(仮称)OH-1計画(2020年2月末竣工予定)
    ※三井不動産ニュースリリース2016年6月8日[大手町における大規模複合開発「(仮称)OH-1計画」着工]
  • 6大手町ホトリア(全体竣工2017年2月完成済)
    ※三菱地所ニュースリリース「大手町ホトリア」ホームページより
  • 7日本橋室町三丁目地区再開発(2019年3月竣工予定)
    ※三井不動産ニュースリリース2016年1月29日[「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」着工]
  • 8日本橋二丁目地区再開発(2018年度全体竣工予定)
    ※三井不動産ニュースリリース2014年11月13日[「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」着工]
  • 9(仮称)丸の内3-2計画(2018年10月中旬竣工予定)
    ※三菱地所・東京商工会議所・東京會舘ニュースリリース2015年11月11日[(仮称)丸の内3-2計画」着工]
  • 10東京駅前八重洲一丁目東地区再開発(2023年度完了予定)
    ※東京都都市整備局ホームページ[東京都心・臨海地域(八重洲地区)整備計画]
  • 11八重洲二丁目北地区再開発(2020年度完了予定)
    ※東京都都市整備局ホームページ[東京都心・臨海地域(八重洲地区)整備計画]
  • 12八重洲二丁目中地区再開発(2022年度完了予定)
    ※東京都都市整備局ホームページ[東京都心・臨海地域(八重洲地区)整備計画]

新しい姿へ変貌を遂げるセントラルポイント

  • 渋谷駅前
    丸の内・八重洲・日本橋
    日本一高い390mの超高層ビルが誕生予定の常盤橋街区再開発プロジェクトや、八重洲 二丁目北地区の超高層ツインタワーの計画などが始動。
    日本橋室町三丁目地区の再開発計画も進行中など、都心の中心域が活気づいています。
  • 渋谷駅ハチ公前
    豊洲・有明・臨海副都心
    豊洲エリアでは、築地市場に変わる中央卸売市場が建設中。
    また有明エリアでは有明アリーナの他、大規模な複合施設・臨海副都心有明北地区をはじめとする計画が進行中など、湾岸エリアの開発も多数く予定されています。

品川エリア

  • 世界に誇る新事業、首都東京と名古屋間を最短40分で結ぶ 「リニア中央新幹線」の開業に合わせ停車駅となる品川。
    東海道新幹線品川駅地下にターミナル駅としてリニア中央新幹線の発着駅が設置されることが2013年9月に発表されました。2027年に開業する計画が進められ、東京・名古屋・大阪の各都市圏、国際空港への移動が飛躍的に便利になり、ゲートウェイとしてさらに重要な駅へと注目されています。
    ※出典元:東海旅客鉄道株式会社 「リニア中央新幹線計画」、「中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その1) 」
  • JR山手線で45年ぶりの新駅が誕生する
    品川駅〜田町駅間の大規模開発事業計画。
    今や国際交流拠点となっているJR山手線「品川」-「田町」間に30番目となる新駅が誕生し、周辺の約13haの広大な敷地に巨大複合都市を誕生させる再開発計画が発表されました。
    品川エリア開発計画マップ※出典元:東日本旅客鉄道株式会社 プレスリリース
  • 新宿エリア

    従来の国立競技場が、来たる2020年を目指して新国立競技場として全面的に生まれ変わる予定です。神宮内苑や新宿御苑と連なる緑のネットワークも考慮されるなど、環境にも配慮された総合的な計画です。
    ※出典元:新宿区神宮外苑地区地区計画ホームページ
  • 渋谷エリア

    渋谷最大級の商業施設が開業予定の渋谷駅街区、渋谷川沿いの渋谷ストリーム、都市型観光の拠点を目指した道玄坂一丁目駅前地区、グローバル化を意識した渋谷駅桜丘地区など、大規模な開発計画が進んでいます。
    ※出典元:東急電鉄渋谷再開発情報サイト

秋葉原から、東京を存分に楽しむ。

  • 全国区で知られる東京の中心地。
    銀座や日本橋、また日本のビジネスの中心地である丸の内などは東京都心のなかでも全国区で知名度があるメジャーなエリアです。
    これらのエリアへも、秋葉原からスムーズなアクセスが可能で、老舗の百貨店や 食の名店などで充実した時間を堪能することができます。
    また通勤で丸の内に向かう拠点としても便利で、東京駅から出張やレジャーで新幹線も利用できるなど、行動範囲もアクティブに広がることでしょう。
  • 伝統ある都心・日本橋
    日本の第1号の百貨店ともいわれる三越や、日本橋高島屋などの由緒ある店舗、創業100年を超える老舗の食事処など、都心にありながらも文化性と歴史が息づくエリアです。
  • 大人が楽しめる街・銀座
    銀ブラという言葉に象徴されるように、散策するだけでも楽しめる街とされてきた銀座。落ち着いた佇まいと高級感を感じさせるショップが集まった、大人の感性にフィットする繁華街です。
  • ビジネスの中心地・丸の内
    全国展開をする大企業の本社や、国際色も豊かな数々の企業が集中した日本のビジネスの中心地。都内でも有数の利用者数が多い街であり、秋葉原からはアクセスもスムーズです。

話題のトレンドエリアも、身近な街の感覚に。

  • いま注目度の高いトレンディゾーン。
    都心の中心部に位置する港区のなかでも、六本木、虎ノ門、麻布十番は独自のカラーを持った街といえるでしょう。
    六本木エリアは従来からのグローバルシティとしての性格をより強め、虎ノ門エリアも虎ノ門ヒルズの登場や新駅の計画等、新たな街づくりがすすんでいます。
    また麻布十番は、派手さはないながらも一種の隠れ家的な、大人の時間を満喫できるスポットが数多く点在しています。
  • グローバルタウン六本木
    最先端のIT企業や外資系の企業が数多く集中した六本木エリア。また六本木ヒルズや東京ミッドタウン、美術館など、ハイセンスな街としても広く人気を集めています。
  • 虎ノ門ヒルズのある街
    ビジネス比重の高い街として、一般的にはなじみの薄いエリアであった虎ノ門も、ショッピング施設を備えた複合ビル・虎ノ門ヒルズをはじめ新たなプロジェクトも進行中。
  • 東京の隠れ家・麻布十番
    歴史ある住宅地としての伝統をつむいできたハイクラスな雰囲気のなかに、隠れた名店などが点在する、“通”なエリア。 その個性が徐々に広まり、人気を高めてきた街です。
  • 開発により、新しい姿への変貌が進む街。
    品川エリアといえばいま、JR山手線の「品川新駅(仮称)」の設置にともなう、一帯の街づくりまで含めた総合的な開発が話題になっています。将来のリニア中央新幹線の開業計画と合わせて、各方面からの注目を集めています。
    また先行して近代的な発展を遂げた汐留エリアに続くように、同エリアに隣接する新橋エリアでも駅の東西両サイドで多くの再開発計画が進行中で、未来志向のビジネス街へのリニューアルが図られようとしています。
  • 山手線新駅が話題の品川
    品川-田町間に2020年開業予定の「品川新駅(仮称)」がいま注目を集めています。 オフィスやホテル、商業施設などの高層複合 ビルの計画も発表され、街づくりと合わせた開発が行われます。
  • 再開発計画が進む新橋
    昭和のイメージが色濃い、どこかレトロな雰囲気のビジネス街も、時代に合わせたリニューアルが図られます。 駅前エリアを中心に再開発計画が始動し、新しい街へと生まれ変わります。
  • 美しい発展を遂げた汐留
    新橋の海側に隣接するエリアで、巨大複合都市「汐留シオサイト」の構想により近代的都市としてのスタンスを確立。 ビジネス拠点としてだけでなく、東京の新しい観光名所ともなっています。

周辺大学情報

東京医科歯科大学(湯島キャンパス)
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅徒歩約3分
明治大学(駿河台キャンパス)
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅徒歩約3分
東京歯科大学(水道橋キャンパス)
JR中央・総武線「水道橋」駅徒歩約1分
日本大学(三崎町キャンパス)
JR中央・総武線「水道橋」駅徒歩約3分
専修大学(神田キャンパス)
JR中央・総武線「水道橋」駅徒歩約7分
東京理科大学(神楽坂キャンパス)
JR中央・総武線「飯田橋」駅徒歩約3分
上智大学(市谷キャンパス)
JR中央・総武線「市ヶ谷」駅徒歩約5分
法政大学(市ヶ谷キャンパス)
JR中央・総武線「市ヶ谷」駅徒歩約10分
東京藝術大学(上野キャンパス)
JR山手線、JR京浜東北線「上野」駅より徒歩10分
東京大学(本郷キャンパス)
東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩1分

※所要時間は、各大学のHPに記載されたものです。(平成30年2月現在)